ピーリング (赤ニキビ、白ニキビ、色素沈着、クレーター)について徹底解説!

ケミカルピーリング、コラーゲンピール、マッサージピール、・・・様々な種類がある「 ピーリング 」。
一体どれがどのような治療法で、どのような効果が得られるのか混乱してしまいますよね。
この記事では「 ピーリング 」について徹底的に解説していきます!
読み終わった頃にはあなたに合った「 ピーリング 」が見つかるはず!
それでは説明していきます!

ピーリング って何?

ピーリングとは、一言で言うと「肌に残った古い角層を柔らかくして取り除く美容法」です。

肌の表面には「角層」という層があり、肌を外敵から守っています。
角層には「角層細胞」が並び、さらにその隙間を「細胞間脂質」が埋めています。
角層細胞はすでに死んだ細胞で、役目を終えると日々自然に剥がれ、肌の奥から新しい細胞が生まれてきます。
この繰り返し(新陳代謝)により、肌は健康な状態を保っていられるのですが、加齢やストレス、乾燥などの影響で、不要になった細胞が剥がれにくくなり、代謝が乱れてバリア機能が低下することがあります。
そのような状態を防ぎ、バリア機能の高い、美しい肌を保つのが「 ピーリング 」です。

ピーリング
ピーリング

ピーリング の種類は?

冒頭にも書いたようにピーリングにはさまざまな種類の施術があります。
ここではピーリングの種類を解説し、それぞれの代表的なメニューを紹介します。

大きく分けるとピーリングには①ケミカルピーリング、②浸透型ピーリング、③マシンピーリングの3種類があります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

①ケミカルピーリング
内容
肌に酸性の薬剤を塗って余分な角質を溶かす。
毛穴を詰まらせる角栓や表面に溜まった角質が除去され、キメ細かい透明感のある肌になる効果が期待できる。
代表的なメニュー
グリコール酸
アミノ酸
サリチル酸マクロゴール
メリット
3つの中で最もニキビ改善に効果が高い
料金が安い
透明感あるキメ細かい肌になる
②浸透型ピーリング
内容
肌の奥深く真皮層まで浸透する薬剤を塗る。
真皮層で繊維芽細胞が刺激されて新たなコラーゲンが生まれ、肌のハリやツヤの改善といった効果が期待される。
代表的なメニュー
マッサージピール
ミラノリピール
リバースピール
メリット
3つの中で最も最新の治療法
ハリやシワの改善、毛穴の開きに効果的
③マシンピーリング
内容
水流やレーザーなど機械の力をを使用することで、人の手よりも毛穴汚れを取り除いたり、毛穴を引き締めたりする効果が高いとされている。
代表的なメニュー
ハイドラフェイシャル
レーザーピーリング
メリット
肌が弱く薬剤によるアレルギーや刺激が心配な方にも安心
毛穴の黒ずみや開きに効果が高い
肌が潤うため乾燥肌の方におススメ

 

つまりケミカルピーリングにはグリコール酸やサリチル酸マクロゴールといった種類があり、マッサージピールやレーザーピーリングは浸透型ピーリングやマシンピーリングの一種なんですね。

このように様々な種類の施術がありますが、この中でも特にニキビやニキビ跡にお悩みのあなたには、表に記載した通りケミカルピーリングがおススメです!
ケミカルピーリングの種類を詳しく見ていきましょう。

グリコール酸
別名フルーツ酸とも呼ばれるリンゴや柑橘といった甘い果物に含まれる水溶性の酸で、ケミカルピーリングの中では最もベーシックな薬剤であるため多くの医療機関で使用されています。
濃度を変えて1人ひとりの肌質に合わせたり低い濃度から試したりすることもできるので、負担が少なく肌にもマイルドに作用するのが特徴です。
ピーリング初心者はまずこれから試すことをおススメします。

 

アミノ酸
皮膚を保湿しながら施術できるため、グリコール酸よりさらに刺激が弱く、肌が乾燥しやすい人や敏感肌でフルーツ酸が使えない人におススメです。
アクネ菌の繁殖を防ぐ効果があるためニキビやニキビ跡の治療に効果的なことに加え、紫外線による色素沈着やダメージにも高い効果を発揮します。

 

サリチル酸マクロゴール
強力な溶解作用があるサルチル酸を保護効果があるマクロゴールと組み合わせることで、深部への浸透を防ぎながら角質層のみを剥離できます。
そのため施術中の痛みや副作用を極力抑えながら高いピーリング効果が得られるため、肌の強さを問わずおススメです。
角栓をできにくくする作用があり、ニキビの治療に有効的です。

 

トリクロロ酢酸(TAC)
サリチル酸以上に強力な剥離作用があり、酸の作用が表面の角質だけでなく、さらに深層の真皮レベルまで到達してコラーゲン増生を誘導します。
そのためニキビだけでなく凸凹になったクレーター状のニキビ跡などの改善にも使われています。
刺激が強いため肌が比較的強い人におススメです。

 

上記に挙げたのは代表的な薬剤なので、これ以外の薬剤を使用している医療機関は多くあります。
自分が納得いくまで説明を受けて自分に合った薬剤を見つけ出してくださいね!

ピーリング って痛くないの?

古くなった角層を薬剤や機械を使って取り除くと聞くと痛そうですよね。
確かに例えばケミカルピーリングのうちグリコール酸は塗ったときに少しピリピリ痛かゆく感じたり、サリチル酸は塗ったときにピリピリ痛みを感じたりする方もいます。

しかし痛みはかなり小さいため我慢できる範囲ですし、上記の反応は至って普通の症状です。
また医師がしっかりあなたのお肌の状態を把握して、その状態に応じたピーリング剤で施術を行うので、ご安心ください。
ご自身のお肌が弱いため不安という方は医師に相談して弱めの薬剤から試すことをおススメします。

ピーリング のリスクは?

痛みは限定的としても他にリスクがないか気になりますよね。
ここでは各メニューにどのようなリスクがあるかを詳しく解説します!

通常の経過でも起こり得る合併症としては赤み乾燥かぶれニキビの一時的な悪化などが挙げられます。
いずれも数時間から長くても1週間程度で改善するものなので不安になることはありませんが、冷却や保湿をこまめに行い、化粧水はアルコールフリーなど刺激の少ないものを使用しましょう。

また通常の経過では極めて稀な合併症ですが、アレルギー反応や色素沈着などが発生する可能性があります。
心配な方は事前に医師にしっかりと相談し、施術前後の禁止事項順守を徹底しましょう。

薬剤のお肌への反応は人それぞれ異なりますので、初回は短めかつ濃度も薄めで様子を見て、回数を重ねていくうちに少しずつ作用を強めていくことが無難です。
またピーリング期間中は紫外線が通常時よりも悪影響を与えるため日焼け止めをしっかり縫って日焼けに気をつけましょう。

どんな人におススメ?

ピーリングは美容皮膚科の自由診療の中でも比較的安価に受けられる施術です。
症状としてはニキビや過剰皮脂、シミなどでお悩みの方に特におススメです。

ニキビ・過剰皮脂
 古い角質は毛穴の出口に厚くなって詰まっていますが、酸の働きで角質をはがすと古い皮脂が外に出てきます。
ピーリングを数回続けることによってニキビの芽となるコメドが減少し、ニキビができにくくなってきます
ニキビができやすい方には、ニキビ予防としてもおススメです。

ニキビ痕
 ピーリングにより酸の働きで古い角質を除去すると基底細胞が活性化し、その結果表皮にハリが与えられニキビ痕の凹凸が減少します。

シミ
 紫外線を浴びるとお肌は防衛反応でメラニン色素を大量に作ります。
ターンオーバーが正常に機能していれば、作られたメラニンは時間が経つにつれお肌の表面まで押し上げられてアカとなってはがれ落ちます。
しかし新陳代謝が衰えてターンオーバーが正常に機能していないと、そのまま沈着してシミとなってしまいます。
ピーリングにより細胞の新陳代謝を促進させて蓄積された異常なメラニンを含む表皮細胞をはがすことでシミを薄くすることができます
また角質を薄くすることで美白剤の浸透性も高くなります。

ピーリング が受けられる医療機関は?

ピーリングはどこで施術が受けられるのでしょうか。
気になった方はこちらに施術が受けられる病院をまとめましたのでご自身のお住まいの場所などで絞り込んで行きたい医院をお探しください!

まとめ

この記事では比較的価格が安くリスクも低いため、自由診療の中では手軽に受けられる「 ピーリング 」について解説しました!
自由診療を実施している医院であればほとんどの医院で施術を受けられるため、美容皮膚科初心者には大変おススメの施術です。
acne-zeroでぜひあなたに合った病院を見つけてください!

acne-zeroはあなたが理想のお肌を手に入れられるよう応援しています!

 

参考サイト:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa25/index.html

関連記事

  1. ダーマペン

    ダーマペン (色素沈着、クレーター、赤ニキビ、白ニキビ)について徹底解説!

  2. アイソレイズ (Isolaz®)(赤ニキビ、赤み)について徹底解説!

  3. アグネス

    アグネス (AGNES)(炎症性赤ニキビ)について徹底解説!

  4. エレクトロポレーション

    エレクトロポレーション (色素沈着・赤ニキビ・白ニキビ・黒ニキビ)について徹底解説!